債務整理の良い弁護士・悪い弁護士

債務整理の良い弁護士・悪い弁護士

MENU

債務整理の良い弁護士・悪い弁護士

様々なケースにおいて借金を抱えてしまうことがあると思います。
抱えてしまった借金を支払っていくことが困難になってしまったときに大切なことは、ひとりで悩まないことと言えます。
借金が原因で夜逃げをしてしまったり、自殺を選択してしまう人も少なくないですが、あらゆる借金問題については法律的な方法によって解決することができます。
借金問題を解決する法的な手続きのことを債務整理といって、弁護士や司法書士などに依頼することによって手続きを進めてもらうことが可能です。
債務整理には主に自己破産、任意整理、個人再生という種類の手続きがあります。
これに加えて、消費者金融などの貸金業者から融資を受けていたときに、過去の支払いの過程において払い過ぎている利息が発生しているときには、過払い金の部分を取り戻す手続きである返還請求をすることもできます。
過払い金返還請求についても、弁護士や司法書士に依頼することが可能です。
自分だけの力で法律的な手続きを完了させるためには、複雑な書類の書き方であったり、法律的な知識も豊富に持っていなければならないと言えます。
ですので、多くの人の場合には専門家である弁護士や司法書士に債務整理の手続きについて依頼を行って、解決までに必要な事項を代行してもらうことが多くなります。
債務整理の中の任意整理であれば、裁判所を経由しない手続きとなりますので、債務者自身においては負担が少ない借金問題の解決方法と言えます。
債務超過の場合には自己破産をすることで、全ての借金の返済義務を無くしてしまうことも良い選択肢となる場合もあります。