債務整理の条件チェックリスト

債務整理の条件チェックリスト

MENU

債務整理の条件チェックリスト

債務整理とは借金返済が困難になった時に、弁護士や司法書士などに依頼をし、借金の額を減額させたり、返済が生じる場合の利息などを債権者と話合いを行って整理していくことを意味しています。

最近の法律事務所の中には債務整理の無料相談を実施している所が有ります。
相談をするメリットは、誰にも相談が出来ずに一人で苦しんでいたものが、法律の立場から弱い人を救い出してくれる弁護士や司法書士に話をすることで親身になって借金の解決を見出してくれ、気持ちが楽になることだと言います。

知り合いに相談したとしても、直接解決する事には繋がりませんが、弁護士や司法書士と言った法律家に相談をすることで、債務者にとって一番最適な方法を見出し、借金苦から脱出する事が出来るようになります。

所で、債務整理には任意整理や自己破産、個人再生、特定調停と言った方法が有りますが、これらは条件により利用が出来る方法と出来ない方法が有るのです。

借金をしている債務者には状況と言うものが有ります。
これは現在の収入の有無と言った条件により決まるものとなりますが、借金を整理した場合、全ての債務がゼロになれば一番良い結果を招くことになりますが、債務が残るケースが大半を占めます。

債務は返済を行う義務でもあり、返済能力と言う条件が出てくるのです。
返済できる人であれば、任意整理を選んで債務整理を行う事も出来ますが、返済能力が無い人にとっては任意整理では借金を減らすことは出来ません。